マルチスクリーンのスクショをトリミングしたい(VBS)

マルチスクリーンは便利ですが、スクショをとった場合に、2画面分のスクショが取れて加工に困ることがあります。今回は、リサイズの記事でご質問を受けて、そういえばトリミングについて記事を書いていなかったなと思い立ったので、記事にしてみました。例によって、ダウンロードもありますので、使いたいだけの人は記事の最後へどうぞ。

前回の記事で紹介した画像サイズ変更ツールの記事に、コメントでサイズ変更後に縦横の dpi がズレてしまうという報告がありました。調査の結果、この現象は画像の Exif 情報が崩...
スポンサーリンク

ゴール

アプリをインストールしなくていい、VBSで何とかしたい。画像ファイルまたは、画像ファイルが保存されているフォルダをドラック&ドロップすることで、左側のスクリーン(私の環境でメインスクリーン)がトリミングされるツールを作る。画像の種類(jpg,png)は変更しない。

ソースコード解説

このプログラムの肝となるトリミングする関数は以下です。18行目・19行目で、WIA.ImageProcess で指定された大きさのフィルタを作成し、21行目の Apply() で、WIA.ImageFile で取得したインプットファイルに適用します。これで、インプットファイルをトリミングしたものが出来ます。これを23行目の SaveFile() で出力ファイルパスに保存します。インプットファイルは読むだけで変更しません。

右側のスクリーンをとりたい場合や、フルHDではないマルチスクリーンの場合は、18行目、19行目の数字を、調整してください。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
Sub trimImage(input, outputpath)
  Dim objImg
  Dim objIp
  Dim output

  input  = objFso.GetAbsolutePathName(input)
  output = objFso.GetAbsolutePathName(outputpath)
 
  if objFso.FileExists(input) And Not objFso.FileExists(output) And Not objFso.FolderExists(output) And isImgFile(input) then

    Set objImg  = CreateObject("WIA.ImageFile")
    objImg.LoadFile(input)

    Set objIp  = CreateObject("WIA.ImageProcess")

    ' Cut Right Screen
    objIp.Filters.Add(objIp.FilterInfos("Crop").FilterID)
    objIp.Filters(1).Properties("Left") = 0
    objIp.Filters(1).Properties("Right") = 1920

    Set objImg = objIp.Apply(objImg)

    objImg.SaveFile(objFso.GetAbsolutePathName(output))

  End if

  Set objImg = Nothing
  Set objIp = Nothing
End Sub

ツールのダウンロード

以下からダウンロードしてください。

本プログラムを利用して生じた、いかなる損害も当方は一切の責任を負わないものとします。

マルチスクリーンのトリミング

フォローする