スマホでdocomoの音声回線をパケットパック無しで利用する方法

予告通り、ドコモのパケットパックの契約を解約し、ドコモの音声回線だけを残して来ました。なぜドコモの音声回線は残したのかというと、ドコモの家族間通話無料を残したかったからです。

うちの嫁さんは嫁さんの実家とよく長電話をしているようで、ここに家族間通話無料を利用が必要です。そのため、嫁さんはドコモ回線を外せません。嫁さんは昔からのドコモの契約で900円で音声回線を維持できています。(前回の契約更新時に、データSIMはすでに格安SIMに切り替えています。データSIM(3G)と音声SIMの合計約\2000で利用中です。)

私が電話するのはほとんどが、「嫁さん」か「5分以内」の通話なので家族間通話無料」と「5分間の通話無料」を、キャリア指定の通話アプリを利用せず、使うことに重きを置きました。(それを気にしないならもっと安い方法があると思います。)

私が利用しているのは、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応のスマホで、SIMを2枚さしていますが、DSDSのスマホがない場合は、スマホに音声SIMのみを挿しモバイルルータにデータSIMを挿し、スマホとWi-Fiで接続するという手があります。
スポンサーリンク

カケホーダイプランについて

私の嫁さんのように、古いプランが残っている人は、データ通信だけとって格安のデータSIMを契約してしまえば完了です。

私のように1,2年前に機種変等で契約し直した人は通常、カケホーダイプラン(スマホ/タブ)で、以下の黄色線のように、基本の音声通話料に必ずパケットパックをセットにするようになっています。(ドコモのサイトより)


そうです。データ通信が外せない契約を無理やりさせられているのです。ちなみに、いわゆるガラケーの契約カケホーダイライトプラン(ケータイ)は以下のようになっています。(ドコモのサイトより)


こちらは、パケットパックが必要なさそうです。この契約がスマホに利用できれば問題ないのです。何か手はないかと検索したところ、以下のようなものが見つかりました。

指定外デバイス接続料(今回の場合\500+税)というものを支払えば、カケホーダイライト(ケータイ)で契約したSIMをスマホに挿しても問題ないようです。つまり、カケホーダイライト(スマホ/タブ)と同じ料金で、パケットパックを契約しなくてもよさそうです。

docomoショップに相談してみた

ここまで調べて、ネット上から申し込んでもよかったのですが、以下の数点気になったので、念のためdocomoショップに行って確認・契約してきました。

  • 指定外デバイス接続状態で、「家族間通話無料」や「5分通話無料」は可能か?
  • 2年縛りの契約変更で、端末の月々サポート料タイミング解約のタイミングは?
  • この接続をすることで、何かペナルティーがあるか?

ショップの店員さん曰く、2年縛りの最後の月で、月々サポートが今月で終わる状態だったので、今月解約の場合、月々サポート代(\3800)がもらえないか、来月解約の場合、1ヵ月分のパケットパック料(\4200+税)を多く支払うかどちらかの選択とのこと。まあ、今月解約が妥当でしょう。

正直、今月解約の場合、今月分全額パケット定額代が引かれる(日割りではない)ことに驚くとともに、それにもかかわらず、月々サポートは受けられないことに、疑問を覚え、2度聞きしてしました。しかし、ショップ店員さんは悪くありません。決まりなので仕方ないのです。

DSDSについて

今回docomoの音声SIMと格安のデータSIMを利用するので、SIMを2枚挿して同時に待ち受けできる端末(DSDS対応端末)が必要です。「DSDS対応端末」で検索すると、たくさん出てくると思います。私は、ASUS の Zenfone 5 を利用することにしました。以下の様な感じで、端末側で、2枚認識したSIMに対して「音声通話」「モバイルデータ通信」などのカテゴリごとに、優先するSIMカードを設定できます。(※ NTT DOCOMOで2枚認識しているのは、DOCOMO回線の格安SIMを利用しているためです。)

もともと、SIMが二枚させるのは、欧州やアジアなどの大陸の国では、国境を越えると通信規格が異なることが多く、1台の端末に異なるSIMが装着出来た方が便利という理由から来ているもので、日本では数年前まで売られていませんでした。今回のように価格で使い分けるのも、日本ならではなのしれません。

DSDSのスマホを利用しない場合は、スマホに音声SIMを挿しモバイル ルータにデータSIMを挿し、スマホとWi-Fiで接続するという手があります。モバイル ルータを持ち歩く必要はありますが・・。

おわりに

私が相談に行った docomoショップでは、このような事例(指定外デバイス接続料での通話SIMのみ契約)は、初めての相談だったらしく、かなり長いこと待たされました。(相談と変更で1時間強かかったと思います。やりたいことの説明と質問のあと、「確認します」と中に入っていって、出てくるまでだいぶ待たされました。)まあ、特殊な相談をしに行った自覚はあったし、目的の契約が可能だったので問題ありません。

念のため、応対してくれた店員さんの名刺をもらい、来月からかかる料金が、カケホーダイライトプラン(ケータイ)+指定外デバイス接続料+税(\1700+税)であること指定外デバイス接続でも、「家族間通話」や「5分通話無料」は使えることを確認した覚書を一緒に確認し、契約完了させ帰ってきました。

データSIMは格安SIMを\1000程度で契約できるので、ドコモの音声回線を残したまま、月々の通信費が \2700+税になりました。月々 \5000 の節約です。